「安全な食べ物をつくって食べる会」は、1973年、当時食べ物の安全に危機感を持っていた首都圏のお母さんたちが、千葉県館山にある三芳村(現、南房総市)を訪れ「農薬を使わない野菜を作ってほしい」と、農家に頼みこんだことから始まりました。
1973年より無農薬・無化学肥料、露地栽培で野菜を作っています。

「三芳村生産グループ」は1997年、関東農政局「第2回環境保全型農業推進コンクール」で、農林水産大臣賞を受賞しました。

無農薬・無化学肥料45年。旬の野菜・平飼いの卵を週一回お届けします。

 

 

 

 

 

三芳だより

 

野菜の料理帖