会の活動

 

 


「安全な食べ物をつくって食べる会」には、自主的に参加できる下記のような委員会があります。      活動予定                                           


縁農委員会
■5月14日〜15日 夏野菜各種花模様を見学縁農  ■6月上旬 初々しい田園風景と縁農  ■9月初 稲刈りとはざかけ縁農 ■10月 縁農と秋の味覚晩餐会 ■12月、みんなの家大掃除   ■3月上旬 畑の草取り
子どもの家委員会
■5月中旬 田植え ■8月 夏の三芳 ■10月 お芋ほり ■
湘南Tサイト  ■保育園へ三芳の野菜を紹介 ■ホームページ・ブログの更新 ■企画委員会
5月 抹茶摘み縁農 6月 総会でお茶の販売 10月 草取り縁農 2月 佐藤さんを囲んで茶話会 4月 次年度の年間注文  お茶委員会ニュースの発行(6〜7回) 定例委員会(7回)
■共同購入品のとりまとめ   ■生産地訪問 
 ■6月 総会 ■ブロック代表者会議 5月14日・7月・9月・3月 ■ 新穀感謝祭 11月 事務局会議 

 

縁農委員会

 


三芳で収穫の手伝いや草取りなどをし、生産者とのご縁を作る機会という意味で「縁農」といいます。野菜やみかんの収穫、草取りなどの縁農の企画をたて、生産者と交流を深めます。


春の縁農 草取りや畑の片付けなどの手伝いをします。
5月の連休縁農 初夏の畑仕事や草取りの手伝いをします。
田の草取り 田の草取りをしたり夏野菜の収穫を手伝います。
稲刈りとはざかけ縁農 刈り取った稲を天日干しするため、竿に掛ける「はざかけ」の手伝いをします。
みかん狩り縁農 みかんの収穫を手伝います。
   
はざかけ

>>top 


子どもの家委員会


子供たちが土のぬくもりを感じ、虫や鳥たちの声を聴き、野菜がすくすく育っていくのを見ながら、自然の大切さ、生命の尊さを学んでいくことができるよう、年に4回の行事が行われます。


   
さつま芋の苗さし
田植え/5月下旬
生産者の指導で、芋の苗さしや田植えをします。かぶと虫の幼虫やカエルと出会えます。夜には、美しいホタルを見ることができます。
夏の三芳/8月上旬 生産者と竹で食器を作り、バーベキューやそうめん流し、川遊びなどして夏の三芳を楽しみます。
芋ほりとみかんもぎ/10月下旬 春に苗さしをした、さつま芋の収穫をして、焼き芋にしていただきます。農産物の成長を知ります。自分たちでみかんをもいだり、手伝える範囲で畑の片付けなども体験します。
     

 

 

企画委員会


ホームページの制作、更新、また各地で開かれるイベントへの出展、料理教室開催など、生産者と一緒に活動し、会の充実と発展のお手伝いをします。


 

 

お茶委員会

 


春に「お茶摘み縁農」を、秋には「茶畑の草取り縁農」を、また、佐藤さんを囲んでの「お茶会」を企画し、交流を深めます。
会員からの注文受付や会計を行います。    詳しくはこちらへ→

お茶つみ

 

 

共同購入委員連絡会


日常の食生活に必要で、三芳生産グループでは作られなかったり不足したりしているものを別途共同購入しています。
生産物は無農薬・無化学肥料であることを原則とし、生産者とは現地訪問などをして、相互理解を深めるように努めています。
購入はすべて注文制で、年度の初めに一年分を注文します。申し込み、荷受け、集金は各ポストで行い、各ブロックでまとめて、共同購入委員連絡会が運営しています。宅配会員は、所属しているブロックの窓口に注文します。
  蜂蜜、キーウイ、干ししいたけ、国産菜種を使ったなたね油、北海道のじゃが芋、玉ねぎ、小豆、大豆、かぼちゃ、水俣の甘夏みかんなど。


 

事務局

 


代表を含む事務局員は、全会員からの公募で選びます。総会で承認された後、会の窓口として仕事を行います。




 

サイトマップ   プライバシーポリシー