佐藤さんのお茶
 

ライン

 

三芳村生産グループ

 

ライン

「三芳村生産グループ」は千葉県南房総市山名地区にあります。房総半島の先端部に位置し、野菜作りの条件に恵まれた温暖な土地で、ビニールハウスも使わずに、年間100種類以上の野菜ができます。一つ一つは決して広くない山間の畑で、旬の野菜が無農薬・無化学肥料で多品目少量主義で育てられています。少し規模の大きな家庭菜園といったたたずまいです。水田では、秋には昔ながらのはざかけの風景が見られ、どの家でも鶏が飼われています。畑の隅にはそこここに、もみがら、落ち葉、わら、米ぬか、鶏ふんなどを利用した堆肥が積まれています。土を活かす農法を要にした循環型農業。

   「三芳村生産グループ」は、「安全な食べ物をつくって食べる会」との提携関係の中で、こうした野菜づくりを続けています。無農薬・無化学肥料で野菜ができるなんてほとんどの人が信じなかった頃から始まった、ここ三芳村農家の努力は、今日では広く知られています。


1997年には関東農政局「第2回環境保全型農業推進コンクール」で農林水産大臣賞を受賞しました。

 

 

 

 

 

 

■  三芳村生産グループ
千葉県南房総市山名


ライン


ここが違う!三芳の野菜

ライン

 


三芳村生産グループでは、無農薬・無化学肥料・無除草剤とともに、約束事があります。
1. すべての野菜は露地栽培。
2.
菜種油粕、骨粉等、購入した肥料の使用を禁止。
3.
硝酸塩窒素の検査の義務。
4.

各生産者は、平飼いで養鶏。

エサは自家製の無農薬野菜のクズと米ぬか、国産の雑穀など。

5. 自家製堆肥(もみ殻、わら、かや、雑草、木屑,葉など)を使用。
6. 出荷する野菜と家で食べる野菜を区別しない。

だから、三芳の野菜は安心して、美味しく食べることが出来ます。

>>top

line

土のはなし

line


健康な土の栄養分を作り出す能力は、土の中の生物にあります。沢山の生物が喜んで住み着く土づくりの条件は



1.

地温の変化が少ない。夏涼しく、冬は暖かい。
2.
土の中に水分が適当に含まれ、この変化が少ない。
3.
土の中に常に必要な空気(酸素)が含まれている。

4.

土の中に生物の食べ物が用意されている。

5.

土の中に生物の生育に変化を与えるようなものの混入や作業をしない。


稲わら、籾殻、落ち葉、枯れ葉、脱穀チリ、麦わら、レンゲ草、自家鶏糞、米ぬかを利用して豊かな土壌づくりをしています。


>>top

line

鶏と卵のはなし

line

 


循環型農業を行う上で、鶏は大切な役割を担っています。


 

 

1.

平飼い卵の有精卵
 
2.
輸入の餌は与えません
 
3.
医薬品は使用しません
 

4.

新鮮卵をお届けします
 

5.

卵の量は季節によって変化します
 
6.
固いけれど味は抜群の鶏肉

 

>>top 


line野菜ごよみ
line

年間100種類以上の野菜を生産しています。


>>top 

line米つくり
line

米


無農薬・無化学肥料で昔ながらの米つくりを行っています。


 

1月

冬の田耕し
 
2月
 
 
3月

苗代用もみがらくんたんづくり・田おこし

 
4月

苗代づくり/苗代予定田準備・種籾準備・種蒔き・くんたん、ボカシをいれる ・発芽苗代管理
本田準備/田耕し・くろぬり・水かき・肥料いれ

 
5月

田植え

 
6月

除草  手(2回)または動力 (1回)

 
7月
水の管理・草刈り
 
8月
水の管理・草刈り
 
9月

稲刈り

竹でかげぼしづくり・はざかけ

籾すり/脱穀/出荷

 
10月
出荷
 
11月
出荷
 
12月
出荷

 

>>top 

line里の味 ー 加工品 ー
line

 


生産グループ婦人部がつくっている加工品です。
材料はすべて生産グループのものを使用し、調味料もより自然なものを使用しています。

味噌、金山時漬け、きゃらぶき、筍の水煮、梅干、トマトソース、等をみんなの家階下にある加工所でつくります。


ライン

 

 

私たちがつくっています  ー 三芳村生産グループ ー

 

 

ライン 生産者

 

>>top

line
三芳村へいきましょう
line

みんなの家

【みんなの家】〜交流施設&宿泊施設

旧・三芳村の山名地区(現在の南房総市・山名)には「みんなの家」があります。
「みんなの家」とは、消費者会員と生産グループが共同でつくった交流施設です。ここで、会合や集まりを催し、生産者との交流を深めています。とくに農作業のお手伝いをした後、生産者とともに食事をとりながら、語り合うことは楽しい時間です。また、宿泊施設としても利用しています。

>>top 

line
アクセス
line
《東京方面から》


《横浜方面から》


>>top 

line
年間活動予定
line

 


新穀感謝祭



三芳野菜を使った料理教室
1月 佐藤さん(お茶生産者)とのお茶飲み交流会
3月 春の若菜つみと餅つき(子供)
4月 若菜摘みと春の三芳を味わう
5月 さつま芋の苗さしと田植え(子供)
抹茶摘み縁農(お茶の佐藤さん)
6月 「安全な食べ物をつくって食べる会」総会
7月 田と畑の草取り縁農
8月 夏の三芳(子供)
夏野菜の収穫と草取り縁農
9月 稲刈りとはざかけ縁農
そばの種蒔き
10月 芋堀りとみかんもぎ(子供)
茶畑の草取り縁農(お茶の佐藤さん)
11月 新穀感謝祭
そばの収穫
12月 みかんもぎ縁農
新そばを打って味わう

その他に、各ブロック主催の料理教室や縁農などもあります。
>>top 

 サイトマップ     プライバシーポリシー